TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年09月
ARCHIVE ≫ 2013年09月
      

≪ 前月 |  2013年09月  | 翌月 ≫

四十九日を終えて

母が亡くなって、昨日が四十九日でした。平日ですがその日に納骨も含めて法要を済ませました。

しかし、昨日の朝、姪っ子から早めに来て~!のSOSメールが届き、予定より早く実家へ行くと、喪主である義兄が体調悪く病院へ。姉も眩暈がして気持ちが悪いと横になっています。
当日なのにどーするってびっくりしたのですが、予定通りに事を済ませなくてはなりません。
開始時間には戻れるかなと思っていた義兄は、検査の為に入院、欠席となり、姉が薬で眩暈を押さえて、なんとか体面を保ちました。
もっとも参加メンバーは母の弟夫婦(私の叔父さん)、義兄の弟夫婦、私達夫婦、姉の娘たちと孫君だけですので、気楽。読経のあと料理屋さんのバスで霊園へ行き、納骨。そのあと食事会と続きましたが、なんとか無事に終了。
お天気にも助けられ、滞りなく終了しホッとしました。

実家へ戻って、すぐに姪は、父である義兄の為に入院の支度を整えて、病院へ。その手際の良さは、さすが看護師をして今も医療関係の仕事をしてるからか?と感心します。
夕方、姉を乗せて様子を見に病院へ行ってみると、意外と元気そうな義兄でした。普段と変わらないように見えます。むしろ姉の顔色の悪さをその病院の看護師さんが心配して、緊急外来の受信を勧めてくれました。
結果、そこで点滴を受けることが出来て、結果良しとなりました。
結局、葬儀から四十九日までの準備まで心労、気苦労が溜まり、疲れがピークになったようです。
長い一日でしたが、一夜明けて、今日です。

9-28.jpg
昨日壇に飾った仏花がこのバケツに2つ。姉も元気になったし、姪二人と私と、4人で生け花&アレンジフラワーをすることに・・・

Comments (0) Trackbacks (-) | ひとりごと

先週から3連休のこと

先週、水曜日「まちばり」でした。その前の8月をUPできませんでしたが、今回は少し出来ました。
http://matibariq.exblog.jp/ご覧ください。

先週、いや、先々週と言うべきかな。7日、久しぶりと、言うより今年初の早朝散車。
新潟日報に掲載されていたミズアオイを探しに朝6時半に出発しました。
海老ケ瀬にあるとのことで、東区なので私の担当。友人3人で張り切って出かけたのですが、なかなか見つからず。それでも通りがかりの人に聞いてなんとか行きついたのですが、
日報のカメラマンの上手さをしっかり認識しました。
あの新聞に掲載された写真を見てなかったら、普通に綺麗な可愛いお花と思ったはずなんですが、現実と画像の違い、ちょっとショックでした。
で、私が写したのは、↓の左上のコマです。
9-16_20130916214539079.jpg
これも結構大きく見えますね。実際は、もっと小さく覗き込むような田んぼの中の用水路のようなところにあります。とても撮りづらいところです。絶滅しそうなものを市が管理して、こうして眺めることができるようになったものです。
帰りに、いつものパン屋さんで朝食。この時間が好きで早朝散車やめられません。

隣の画像は、新潟日報のメディアシップ4階のお庭です。
先週、新潟駅で待ち合わせしたお友達と歩いて、新潟島へ戻る際に寄ってみました。
夏バージョンのお庭見ておきたかったので。なんとか間に合った感じ。それにしてもこの花つきの良さは、どうやって管理してるんでしょうね。千日紅があふれんばかりに咲いていてびっくりでした。

下の段の左側は、3連休初日の土曜日、午後から古町5で行われていた「音楽と味覚のストリート」を見に行ったときのもの。街は新潟総踊りも行われていたのですが、静かに音楽を聴くのもいいかなと思い、5番町へ。
しかし、フェーン現象でかなりの暑さ。近くのお店でジェラートとアイスコーヒーをいただいてしまい、実際にコンサートを見たのは、少し。でもこの山本容子さんの綺麗な歌声、忘れません。

翌日、前からチケットを購入していたコンサートへ。近くの小澤邸で行われた三味線とお琴の演奏会でした。
お座敷での会で、ちょっと膝がつらかったけど、普段聴けない、歌舞伎の義太夫さんの語る昔話や、お琴でポップスなど・・・目先の変わった催しでした。

そして、今日は台風でしたね。
家から出ることもままならず、結局私は一日寝ていたかも。
千葉の方も相当な嵐で、息子達も一日家でゆっくりしてるとか・・
夕食後、風も少なくなったので、近くのドラッグストアまで散歩を兼ねて買い物に。今日はTポイント2倍デーですから。

週末、また3連休ですね。お彼岸です。すっかり秋になるでしょうか。
Comments (0) Trackbacks (-) | 散歩

ひと月

母が亡くなって、初めての月命日を迎えました。
今朝も大きな芙蓉の花が微笑んでるかのように咲きました。
9-10.jpg

生前、母が参加していた大人の塗り絵で制作したものが、

9-05.jpg
実物はとても美しく塗られています。塗り絵のファイルをもらってきたので、眺めていますが、
生きてるときにうんと褒めてあげたら良かったなと思ったりしています。
自分自身が褒められて育った時代でないので、どうも親に対しても冷たかったような気がするのです。
もう少ししたら、この塗り絵を参考に布で芙蓉を描きたいと思います。

今日は、母のお骨の前で、姉や従妹達、女ばかり4人でランチをしました。
偶然、ひと月目となったのですが、たくさんのおしゃべりで母を懐かしんだので喜んでくれたと思います。

帰りにやっとマウスを買ってきました。ちょっと真面目に「まちばり会報」にかからないと・・・
明日は、「まちばり」です。
Comments (2) Trackbacks (-) | ひとりごと

芙蓉

朝、窓を開けると
芙蓉の花が咲いてました。
昨日は、まだ蕾で

こんなだったのに、目が覚めるような大きな花に。

こんな小さな木に、大丈夫?と言いたくなる大きさです。

元々は、ご近所の方の芙蓉の花が素晴らしく、種をわけてもらったもの。
春まで待って種蒔きして、少しずつ成長していくのが楽しみでした。いつか、大きな木になるのでしょうが、今年こんな大きな花を付けてくれて嬉しいです。

母に写メ送ろうとした自分にもびっくり!空の上から見てるかな。
で、iPod touchでブログに載せました。