TOPひとりごと ≫ いつもの夏

いつもの夏

一昨日帰ってきたことが遠い昔のことのように、例年通りの夏が来ています。
明日は、町内のお祭り。昨晩はその準備でした。
今朝は、群馬から甥っ子(主人の姉の息子)家族がやってきました。新潟へ来るということは、もちろん海水浴で、我が家はその為にビーチパラソルと敷物を用意しておきます。
海へ送り出したあと、息子用のお弁当を作り、美容院へ。
カットしてTOPにだけパーマ。これで3時間くらいかかります。

家に戻ったら、2時半くらいで、遅い昼食は冷蔵庫にあるものを適当に・・・
それでも今日はわずかですが針が持てました。

wウェディングの輪の中をキルティングしています。
薔薇のマンスリーと同じくらいのペースで、今回新潟にいる間に完成させたいと思っているものです。

遅番だった息子が帰ってきたのが、午後9:30頃。それから二人で義姉の家へ・・・・
pure

今朝来た甥っ子の娘ちゃんへのプレゼントを買ってきたので届けに行ったのです。
幼稚園年長の彼女はとっても可愛い?  親戚中の自慢の娘って感じです。
息子がラッピングしたと言うのですが、夏向きの色でまとめたそうで・・・
中身はkutsu
アディダスのピンクのスニーカー18センチ。ピンクの糸で縫ってあるこだわりシューズです。お客様に勧めるときはジャストサイズを勧めるそうなんですが、今回はちょっぴり大きめ。
秋から来春にかけて履いて欲しいようです。
新しい靴とその子を囲んで、わいわいがやがや。
こういう時間ってその年の思い出になるんですよね。
かつて自分がその中心にいてみんなに可愛がられていたことをしっかり認識している息子です。
明日は第2陣として、横浜から姪っ子家族が帰省の予定。そちらは、男の子と女の子。果たして息子は何を用意するのか?
それを見るのが楽しみな親であります。
こうして我が家に、いつもの夏がやってきてるのです。
Comments (0) Trackbacks (-) | ひとりごと

Comment













非公開コメントにする