TOP散歩 ≫ 11429歩

11429歩

新潟市で行なわれている「水と土の芸術祭」 新潟市美術館の展示物が入れ替わるらしい。明日で1期が終わりと言うことで、もう見ることができなくなるものもあるそうで、行ってみました。

朝、残っていた雨も上がって、午後から歩いてでかけました。美術館までは、そんなに遠くありません。息子が年長さんのとき、近くの幼稚園へ毎日歩いて通わせたので、苦ではありません。

西大畑公園  新潟市美術館

美術館の前の公園は、桜が綺麗なところ。入り口のケヤキも色づき始めていました。
今日は、デジカメを持たなかったので、携帯の画像です。

美術館内は、撮影OKでした。説明のお姉さん達も親切です。
土器西区で発掘された奈良時代のものですが、他にも新潟市内で発掘されたものが土の展示会場に飾られてあります。火焔土器もガラスケースの中にたくさん。
古いものなのに、モダンな感じを受けたものです。


土壁の鳴門の渦
これは、もう明日までしか見られないもの。淡路出身の左官職人さんの作品だそうです。
美術館の中で壁土をこねて仕上げたものだとか・・・
この作品の裏には、全国の土が飾ってあります。土の微妙な色がとても楽しめました。
トープカラーの先祖って感じ!面白いです。

もう一つの展示の中にあった気になったもの、
タカラアツマレ
とっても懐かしかったのですが、これなんだっけ?
実家にもあったような気がします。3分のタイムスィッチ?
このコーナーは、昭和の時代の懐かしいものがたくさん額に入ったり、床に並べてあったり・・・
電話が1通話3分になったときに配られたものだったかな?
カップ麺が出たころに配られたもの?
思い出せないのです。覚えてる人いませんか?





1番 1番 1番
水つちには、パスポートがあって、1番から85番までのスタンプを押すところがあります。
有料ポイントは、A?Tの20。
そのうちの1番が美術館の中にありました。新潟県内の土を瓶に入れて360本展示されています。
3番目の画像、ピンク系の土は小出町のもです。普通の土色からグレー、グリーンととっても綺麗でした。

今日は、1?12までとAのスタンプが押せました。

美術館を出ると3時近くだったので、ちょっと休憩で、みかづきに入り、チーフナッツを食べました。
写真を撮ることを忘れて食べてしまいましたが、そこでクーポン券をもらったので、
来週は、イタリアンを食べに来ようと思います。

そのあと、信濃川を目指し、万代橋のところから下町に向かって歩きました。
川の最後のところが「みなとぴあ」でここにも見るものがたくさんあるのですが、それは、来週ピンクのカメさんと一緒に見たいと思い通り過ぎました。
水上バスの乗り場だけは、しっかりと確認。
そのまま帰宅で、11429歩でした。

先週から集めていた市内観光のパンフレットです。
観光パンフ
旅行者の目で自分の街を見ることは、ホントに楽しいです。来週はどこへ行こうかと想像することも楽しいですね。

その前に、明日は温泉へ行ってきます。

おまけ
満月  満月
今日は、お月見ができます。中秋の名月ですね。
2枚目の方、ナイトモードで撮ったら、電線が見事に写りました。月には見えないね。


Comments (4) Trackbacks (-) | 散歩

Comment

いいですね~
編集
家から歩いて行けるところにいろいろ素敵な場所があって・・・。
楽しんで歩いているうちに11429歩になってる?
わたしも歩かないと~(*^_^*)

懐かしい物、気になります。
解ったら教えてね。

昨夜は月を見るのを忘れてました。
名月ってテレビでも言ってたのに・・・。

2009年10月04日(Sun) 06:59
めぐみさんへ
編集
きっと神戸の方が数倍も素敵だと思うわ。
目線を変えると意外な発見とかあるものですよ。

森の月は、ちょっと欠けていたから、リアルでも今日の方がまん丸かもよ。
お天気良かったら、今夜お月見してみてね。
2009年10月04日(Sun) 08:59
編集
土の種類ってたくさんあるのですね。土の色で楽しめるとは、思いも付きませんでした。
それにしてもよく歩かれましたね。
地元って案外知らないところが多いものですよね。
私も市街地の裏の細い道を歩いて、発見があります。
私もせっせと歩こうと思います。
2009年10月04日(Sun) 22:28
Yohkoさんへ
編集
美術館へ行って「水と土の芸術祭」の意味がおぼろげながらわかりました。
アートな作品を探して市内ウロウロすることも楽しいんです。
パスポートを買った友達と情報交換しながら歩いています。

ちょっとした小路も発見があって嬉しいですよね。
車が入れない道を歩くの大好きです。
2009年10月04日(Sun) 22:45












非公開コメントにする