TOPお出かけ ≫ お江戸へ

お江戸へ

築地から銀座へ向かうときに、いつも歌舞伎座を脇目で見て、一度入ってみたいなと思っていたのですが、
今日願いが叶い、行くことができました。
取り壊しを前に、大変な人気のようでなかなかチケットが手に入らないらしいのですが、姉が買えるみたいと申し込んでくれたものです。

あと82日

中に入ると、やっぱり古いなって思うのですが、レトロな雰囲気が重々しく、とてもいい感じです。
歌舞伎座 オリエンタルカレー
この歌舞伎ストライプと言うか、幕の色あせ具合がなんとも言えませんでした。
カレーショップのこのお人形、懐かしいオリエンタルカレーのマスコット人形。
座席は狭く、昭和初期の大人はずいぶん小さかったんだなって思ったりしました。

演目は、
歌舞伎座さよなら公演ですが、「17代中村勘三郎23回忌追悼公演」で【爪王】【俊寛】【ぢいさんばあさん】
口上は、現在の18代中村勘三郎を中心に、テレビでもおなじみの面々がずらりと並んでのご挨拶。

と、言っても歌舞伎初体験の私には、意味がわからないだろうと思い、イヤホンガイドを借りました。
イヤホンガイド

とてもわかりやすく、演じてる方のお名前も教えてくれるし、この太鼓の音は雪が降り続ける様を表していますとか、説明してくれます。使用料は1650円ですが、帰るときに戻すと1000円返ってきます。

幕間のお弁当も楽しみで、今日は、近くの松屋デパートで買って行きました。(姉にご馳走になったんだけどね)
幕の内

ちょっと大きめでお腹いっぱい!

終わったのが、午後3時44分  すぐに上野へ向かいました。




上野では、「キルト日本展」が行われていて、5時までなのですが、入場は4時半までです。
あらかじめ行き方とかちゃんと調べておけば良かったのに、とにかく上野へと地下鉄に乗り、それからどこへ降りるのか、さちこNさんにメールで聞いたりして・・・(汗
運が良かったのか、電車を降りた位置がちょうど公園口が一番近く、迷いもせずに到着。4時15分でした。
受付の方が思わず時計を確認してましたが、無事に入場できました。

作品は、どれも素晴らしく丁寧に作られています。布選びからとてもこだわりを感じました。
さちこNさんのお嬢さんの作品は、中高校生部門で「有輪賞」を受賞されていました。そのミシン使いには驚きです。
将来が楽しみだろうなぁと羨ましく思いました。
撮影禁止で残念でしたが、一部作品は今月発売のキルトジャパンに載っています。

上野の公園はちょっと春めいていました。
上野 寒桜
寒桜が咲いていました。
ソメイヨシノの蕾はまだまだ固いですが、なんとなくボーとピンクに見えたような。
暖かい一日でした。
Comments (6) Trackbacks (-) | お出かけ

Comment

おつかれさま!!
編集
いいお江戸の小旅行ができてよかったね!
歌舞伎座の様子、興味深かったです。
新しい歌舞伎座が逆に楽しみかも!

上野は本当に歩くよね。
特に公園内の施設へは駅から遠い~~~
キルト日本展もよかったね!
いつかは行ってみたい・・・
2010年02月09日(Tue) 07:27
No title
編集
どこへお出かけだったのかと思ったら、歌舞伎座だったんですね。
私も若い頃、母に連れられて何度か行きました。
一度、桟敷席(お茶のポットサービスがあって、確か、お弁当もそこで食べられたはず)で見たいと思っていたのですが、あと3ヶ月ではもう無理ですね。
4時半ぎりぎりには、はらはらしました。というのも、2年前、娘と上野公園を横断して走った経験があるんです。
娘の作品を見てくださった方がいらして、うれしいです。
郷家先生も、皆さんいらしてくださいと、気にしていらっしゃいましたから。
2010年02月09日(Tue) 09:00
こたちゃんへ
編集
日本の古き良き文化にふれた思いでした。
新しくなったら、また一度でいいから行ってみようと決めました。

キルト日本展は、落ち着いて、静かに見られて本当に良かったよ。
3度目のだったので、場所を探すこともなく行く自信はあったんだけど、
なにしろ時間がない!ちょっと焦りました。
2010年02月09日(Tue) 09:43
さちこNさんへ
編集
若い頃から歌舞伎座通いなんて羨ましい。
その頃にもイヤホンガイドってあったのかしら?

さちこさんのお嬢さんの作品があるから、絶対行こうと決めてて良かったです。
ホントにいい作品ばかりで、見ごたえたっぷり。
時間の心配おかけしました。
2010年02月09日(Tue) 09:59
歌舞伎座で観劇
編集
歌舞伎座も新しく生まれ変わるのですものね。元の歌舞伎座で観劇されて本当に良かったですね。
キルト展も知っていらっしゃる方の作品が展示されているのだったら、見にゆかないではいられませんよね。
きっと力作ぞろいで見ごたえもあったことでしょう。
寒桜もみられて盛りだくさんのおでかけでしたね。
2010年02月09日(Tue) 19:20
Yohkoさんへ
編集
私の関東暮らしもいつまで続くかわからないし、機会があればどこまでもって感じです。
運よく、さよなら公演も見ることができて、いい思い出になりました。
キルト日本展も素晴らしく、行って本当に良かったです。
これひとつの為に、新潟から上京することはないと思うのですが、
本当は、それだけの為に出てきてもいいくらいの価値あるんです。
今年も見ることができて幸せでした。
2010年02月09日(Tue) 20:27












非公開コメントにする