TOPひとりごと ≫ 新しい一週間

新しい一週間

大地震後、初めての月曜日。テレビを見ていると、昨日までより生活の大変さが感じられる。
地震後、民放もNHKも区別がつかないくらい、ずっと報道番組。
今朝、久しぶりにCMを見た。なんだかホッとした。もちろん堅い内容のものだけど、いつもいらないと思っていたCMがこんなに新鮮に感じるなんてと驚いた。

朝の連ドラの「てっぱん」もBShiで土曜日の分と今日の分、続けて見た。
被災者の方、今、生きることだけで精一杯なのに、普段と変わらない平和な時間を持てる幸せ。

小学生のときに遭った、新潟地震のことをまた思い出す。
水攻め、火攻め・・・父親の死亡。生涯であれ以上怖く悲しい思いをしたことはない。
同じ新潟市内に住んでいながら、主人はなにも困らなかったらしい。
当時断水はしたものの、飲める水が出る井戸を持っていたそうで、近所の人も水をもらいに来たとか・・
今の我が家には、もうその井戸はない。
私がお嫁に来たときからないのだから、なんの不便もないのだけど・・
あんなに怖い思いをしているのに、私の地震に対する危機感は多くはなく、特別に食料や水の用意をしてはない。
普通にある程度の食べ物はあるし、コーヒー用にアルカリイオンの水を在庫してるし。

午前中、ヨーカドーへ行ったら、いつもより多いお客数。パニックになってるわけでもないんだけど、みんな静かにいろいろ買い込んでる。
100均で電池だけを買う私の前にレジをしていた人、キャンドルやろうそくを7種類735円のお買い上げ。
どうもどこかへ送るらしいのだけど、地震で停電したときになんでロウソク?余震が来たら危険でしょ。
電池、単一が売り切れていて、古町のほうも見たけどやっぱりなし。
結局、帰る途中の我が家に一番近いダイソーに見つけた。電池だけは、各サイズ揃えておきたいもの。
それは、本当に日常で、普段でも家に在庫がないとすぐに間に合わないから用意しておくもので、今だからって特別なことではない。

計画停電とかで、節電を呼びかけられても、それだっていつも節電を心がけていれば問題ないし、非常時だからこそ、冷静に普通に普段通りに過ごしたいもの。

今日は、7階でモーニングサービスを食べました。
11時までのオーダーで、
3-14.jpg
コーヒーのお代わり付きで300円でした。早めのランチとして十分な内容です。
お代わりを飲んでると、主人から電話で、ガソリンスタンドに行列が出来ていて、灯油の値段も上がってきてるって。
だからって、どうしろって?車は先々週満タンにしたばかりだし。灯油だって、そろそろ暖かくなってくるし。

家へ帰ると無意識にテレビをつけてしまうのだけど、今日はラジオにしてみた。
そしたら、とてもいい。画面で見る悲惨な被災地よりも、今の重要事項などを詳しく教えてくれる。そんな感じのラジオをつけて、針仕事。
通常と変わらない日常を過ごせることに感謝しなくちゃ。



Comments (0) Trackbacks (-) | ひとりごと

Comment













非公開コメントにする