TOPひとりごと ≫ 雛めぐり 2

雛めぐり 2

日曜日、運転手さんがいるので、知らない街にも行ける!と沼垂(ぬったり)の造り酒屋さんへ。
今年雛巡り初参加の今代司(いまよつかさ)さんへ行ってみました。
運転手がいてもあてにならないのでナビのご案内(爆)
近くへ行っただけで、その佇まいであそこだ!ってわかりました。

実は、私、古いものはあんまり好きじゃないのですが、こういう場所はいいですねぇ~と感じてしまいます。
少し薄暗い、雰囲気のある日本家屋と言うか、蔵元なのでこういう雰囲気なのでしょうが・・・
寒々した空間も素敵でし。

お雛さまは、9代目ご当主が案内してくれました。
2-26c.jpg 2-26d.jpg
中央に、一番古い享保のお雛さま。とても保存状態がよく、素晴らしいものです。
右側はお顔が大きく見えるようにトリミングしました。

2-26b.jpg 2-26.jpg
左側のお雛さまは、大正時代のもで、右側は「、私の娘に買ってあげたものです」との説明でした。
3種のお雛さま、とてもしっくりと飾ってあって、時代を越えてもお雛さま~~~♪幸せを感じます。
お嬢さんは20代だそうで木目込み雛でした。落ち着いた色合いで、このお部屋にしっかりなじんでいました。

お雛さまだけに気を取られ、せっかくの蔵元、もっと良く見せていただけば良かったと帰ってきてから後悔してます。
今度は、酒蔵見学に行ってみたいと思いました。
沼垂は、発酵の町とも言われ、お味噌屋さんやお酒の蔵元がありゆっくり歩いてみたいところです。
ここも中央区なのです。

週末からまた雪の予報だったのですが、そんなに降ることなく家の前の道路は積雪ゼロになりました。
大きな雪の山は、市がショベルカーとダンプで回収してくれて一気に片付いたのです。
我が家の庭と駐車場1台分は、まだたくさんの雪ですが、自然に溶けるのを待つことにします。


Comments (2) Trackbacks (-) | ひとりごと

Comment

素敵なお雛様
編集
実は、沼垂には親戚があります。
実家の本家は新潟ですが、分家の沼垂のほうには一度もでかけたことがありません。
お雛様も時代ごとに雰囲気が違いますよね。それを大事にしまっては飾り、一年ごとにその家の家風になってゆくような気がします。
由緒ある酒蔵も見てみたいですね。
2012年02月29日(Wed) 21:23
Yohkoさんへ
編集
年代の違うお雛さま3セットでしたが、どこか通ずるものがあるような雰囲気でしたよ。
家の持つ味が備わってるのかしらね。

沼垂も古くからの地域で独特の街ですね。
ゆっくり歩いてみたいところです。
2012年03月01日(Thu) 07:37












非公開コメントにする