TOPお出かけ ≫ きものの街のキルト展

きものの街のキルト展

もう何年続けて行ってるでしょうか。
家から車で2時間程かかるのですが、この季節やっぱり行ってみたい十日町市です。
一緒に乗せて行ってくれる人がいるから行けるのであって、到底自分の運転では行けない距離。
持つべきはお友達。感謝です。

今年はスタンプラリーは気にせずに、のんびりいいところだけゆっくり見ようねと出かけたのですが・・・
7_20120928235359.jpg
昨年までのキルト展と会場から変わっていたのです。
今年は、大地の芸術祭が行われたこともあって、会場が市の体育館の方に移ったとのことを最初に寄った駅前の商工会議所で教えてもらって、廻る順番の予定を立てました。
例のスタンプラリーもやり方が変わっていて、それならばちょっと押しながら行ってみようと歩き始めました。

素晴らしいお天気で、日が当たるところは暑いのですが、日陰を歩けば秋の気候。
コンテスト作品会場の体育館まで途中のお店も見学しながら辿りつきました。2時間近くうろうろして行ったかも。
今年は500円の有料での入場です。
でも、でも素敵!どーしたの?十日町!って感じで、見応えたっぷり。
特設展の「美しい日本の四季 キルト展」に釘付け。桜から始まって蛍、椿、紅葉と日本の四季をテーマに和の作品群。
しかもネットで知り合った方々の作品がたくさん。
帰ってきてから聞いたところに寄れば、どうも昨年の椿山荘の「和のキルト展」で飾られた作品群だったようなのです。
四季の作品の中に、沢田淳子先生の作品もあって、感激でした。
残念なことに特設展は撮影禁止。

会場に入るなり、その特設展から見はじめたので圧倒されお腹がすいているのも忘れて眺めていました。
コンクールの作品も素敵で、ステージの上に飾られた金賞です。
IMG_4733.jpg
和布の部門 長野の方でした。

2_20120928235250.jpg
フリー部門 新潟市の方です。

IMG_4735.jpg
この作品のタイトルが「ホップ・ステップ・還暦」
ウサギさんがいるところを見ると、昨年還暦を迎えられたのかな。最後のジャンプをしたいとか・・・
いやいや、まだまだ何回もジャンプできるでしょと突っ込んでみたりして
それにしても、素敵な赤でした。

メイン会場をあとにして、





この時点で、スタンプの数18個。あと2個を集めて、2回の抽選権を得て、抽選会場へ。
なんのことはありません。大盛況で会期終了3日前にしてすでに賞品が出尽くし、ティッシュか、ジェラートの割引券かを選ぶと言うことになっていました。ちょっとお粗末。

気を取り直して、豚さんグッズがたくさん飾ってある喫茶紅花さんへ。
一年ぶりに訪れて、うふふ、またまた違う豚さんが増えていました。
ここで小倉白玉アイスクリームをいただきました。お勧めは、抹茶白玉アイスだったのですが、抹茶苦手。
友達は、あんみつ。彼女はアイスがあんまり好きでなくて。
8_20120929010346.jpg

サービスに抹茶ジュースが呈されるのですが、私にはカルピスを作ってくださいました。
これが私達のランチとなったのです。
十日町に来て、お蕎麦を食べずに帰るなんて、ですが食べる時間を外してしまって仕方ありませんでした。
帰りにコンビニでパリパリ麺サラダを買って、車の中で食べながら来たのです。
ここで、指名手配(?)
3_20120928235259.jpg
お店に飾ってあったのですが、光に反応してお花が動くのだそうです。レジの前にあったので光が弱くこちらでは動いてなかったですが。
100均の商品らしいのです。十日町の100均では売り切れたとか。新潟市にもあるのかしら?他の動物のもあるそうです。見つけた人、教えてね~~~


最後にクロステンに寄って日本一大きいつるし雛を見学。
IMG_4740.jpg

5_20120928235339.jpg
ぎっしりと吊るされたさげ物にびっくり。重いだろうなぁと感心しました。鬼さんがとても可愛かった。

と、言うことで今年の十日町は、中身の濃い作品展でした。
千人針にも参加してきたので、来年もそれの完成を見に行きたいと思います。
ちなみに、昨年の千人針は、
IMG_4737.jpg
メイン会場に飾られていました。
Comments (4) Trackbacks (-) | お出かけ

Comment

見ごたえたっぷりですね♪
編集
十日町すごいですね!
一度行って見たいと思いながらいけていませません。
椿山荘でも和のキルト、安曇野でも和のキルト堪能してきました。
和のキルトやっぱり落ちつきますね♪
2012年09月29日(Sat) 14:02
DEKOちゃんへ
編集
あんまり期待しないで行くといいことがある!ってつくづく思いました。
私自身は、和キルトとは縁遠いのですが、見ることは好き。
十日町は着物の町で、キルト展はひとつの会場でなく、町全体のイベントです。
商店街ほとんどお店にキルトが飾られて楽しいですよ。是非、来年はいらっしゃいませ。
2012年09月29日(Sat) 14:44
素敵ですね
編集
こうやって、和のキルトで街を盛り上げている感じも受けるし、
素晴らしいね。
何年も続いているなんて。

こちらは磐田=コール天でして、キルトにはちょっと不向きな
感じです。なんとか活かせられたらいいんだけど。(笑)

それにしても、つるし雛、こんな大きいの見たことないよ~びっくり!

2012年09月29日(Sat) 16:07
トコさんへ
編集
もともと着物の街として学習していた十日町ですが、キルト展をやるようになってから、
とても親しみが持てます。
素敵な町興しですよね。

コール天の生産地?それも面白そう。形になるといいですね。
私もつるし雛の大きさに驚きましたよ。
2012年09月30日(Sun) 01:49












非公開コメントにする