TOPお出かけ ≫ 津川へ

津川へ

日々目まぐるしく一日が過ぎていきます。
朱鷺メッセのキルトウィーク2日目も予定通り行くことができて、日曜日の午後に、息子夫婦も千葉へ戻り、
また夫婦二人の生活へ。
お嫁ちゃんのお父さんも今日無事退院との連絡が来て、一安心です。

今日は、ひと月前から予定していた津川へ押し花展を観に行く日。
某ホームセンターの駐車場で弥彦から来るお友達と待ち合わせ、そちらの車に乗せてもらって津川ICまで。
目的のギャラリー「ポニーテール」に到着。
だけど、なんか変。開いてないような・・・よくよく見るとそのギャラリーは、金・土・日のみのオープンらしいのです。
えーー!?そ、そんなぁーーー!!
そっとドアに手をかけると、なんと開くのです。
それでは、と友達が母屋の方に声をかけてみます。

すると、ご夫婦が出て来られて、どうぞと特別に入れてもらえることに・・・
時々、私達みたいなおっちょこちょいがいるようです。
たまたまご在宅で入れてもらえたのですが、お話を聞くと、相当ラッキーなことでした。
ご主人がアイスコーヒーを出してくれて、ゆっくりと押し花展を楽しむことができたのです。
もしかして、今日が閉店の日で良かったのかも。貸切の作品展を経験できたのですから。
しかし、本当は迷惑なおばさん達ですよね。
ご主人曰く、怖いものがない世代だそうで、しかも日本経済を動かす力がある世代だとか。
確かに・・・内気で無口なおばさん3名、言えないことがないし、すぐになじんでしまう。

ついでに、行きたいところまでの道案内をしてもらって楽しく、有難い時間でした。

押し花展のあとは、芦沢高原のハーバルパークへ。
IMG_0070_R.jpg
なんと、こちらも火曜日定休だったのです。
それでも、ここは入場無料のところで、お花達を見て歩くのはOKでした。
ショップがお休みっていうことだけで、トイレも貸してもらえて助かりました。

IMG_0069_R.jpg

IMG_0062_R.jpg

澄み切った空とさわやかな空気で高原を満喫。梅雨の季節と言うことを忘れてしまいます。
ここで、ソフトクリームを食べることが出来なかったことが残念だったけど、ここもほぼ貸切状態で楽しめたのでした。

お腹もすいたので、ランチへ。

IMG_0072_R.jpg
お店自体は、12年くらいだそうですが、建物は、ペルーが下田に来た頃の建築だとか。
3月までここの前の道路が49号線で、休む暇なく忙しかったそうなんです。
今は、新しい道路が出来て、この辺が津川の街の行き止まり。知ってる人しか訪ねてこなくなったようです。
だから、昼時だと言うのに、私達のほかに2組だけのお客様。
今までは、お店の外で並んでる人がいて、食べ終わるとすぐに立ってもらう状態だったとか。
今日は、お昼寝していってもいいよって言われてしまいました。
6-25h_20130625235322.jpg
ゆっくり蕎麦湯もいただいて、ホントにのんびり。
お店の方は、ようやく家のことが出来るようになり、草取りもできるようになってと、今の状態を歓迎してるようでした。
天ぷらが食べきれず、お持ち帰りもできました。

どこへ行っても親切な皆さんで津川大好きになりました。

そもそもこの旅、最初からなにか不思議な感覚。行くことに決めて、友達の家で簡単な打ち合わせをしてるときに、偶然テレビが津川の小さな旅を放送したのです。
それをメモってでのお出かけだったのですが、本来なら会場がお休みならがっかりの旅になるところだったはず。
より楽しいお出かけになって人とのつながりをいっぱい感じました。
今日、出会った人たちに感謝です。
Comments (0) Trackbacks (-) | お出かけ

Comment













非公開コメントにする