TOPひとりごと ≫ 突然のお別れ・・・

突然のお別れ・・・

8月10日、実母が永眠いたしました。
その頃から猛暑続き・・・それを感ずることも忘れて怒涛の日々でした。
葬儀を12日に終えて、家に戻ると我が家のお盆のお迎えの支度。
お墓参り、来客と仏事にどっぷり浸かっています。
明日、母の初七日となりますが、午前中に我が家の仏様を送り出さないと・・・12時の船に間に合うよう支度をします。
このようなことに追われている1週間だったから、母がいなくなった悲しみから救われているような。。。。

思うことはたくさんあるけれど、人の命って呆気ないものとつくづく思っています。
あんなに健康を気遣って甘いものや塩辛いものを控えたり、運動の為に歩いていたのに・・
もっと、もっと90、100と元気に暮らす人だと思っていたのに、
こんなことなら好きなものお腹いっぱい食べてたら良かったね!

突然のことで、経験のない姉夫婦に代わって、葬儀社へ電話をしました。
そこまでが、私が娘として母の為にできたこと。
その後は、一連の流れに乗って、お通夜、告別式と淡々と進みました。
まだ、夢の中にいるような気持ちなのですが、やっとPCを開ける気持ちになり、記録として残しておこうと言う気持ちにもなりました。
これから、追々と母のことも書いてみたり、母へのメッセージを書いてみようかな。

喪主当家でないと言うことは、こんなに気持ちの余裕もあるんだと驚いてもいます。
今日は、母の携帯を解約してきました。
私の名前で契約しておいたものなので、手続きも簡単に済みました。
帰りに、三越で行われている「昭和幻風景ジオラマ展」を見て来ました。
母と暮らした昭和にタイムスリップできて、小さな供養をした思いです。
Comments (8) Trackbacks (-) | ひとりごと

Comment

突然だから……
編集
突然のことで驚きました。
お悔やみ申しあげます。

私の価値観だけど、若死にと突然死はその人を美化するものだと思うので、母上様もいい最期だったと思います。

思い出も全部いいものになりますように。
2013年08月16日(Fri) 00:14
Cちゃんへ
編集
ありがとでつ。

本当に、亡くなった人の思い出っていいところしか出てこないでつね。
また、そうでなくちゃいけないような気もします。
遺影の母は、いい笑顔でつ。姉は、それを見るとホッとするんだそうです。
2013年08月16日(Fri) 05:06
編集
お悔やみ申し上げます。( ̄人 ̄)

突然の死は、逝ってしまう者と残る者共に、心残りができてしまうこと・・・

看取ることはできたのだよね??
でも、お母さんは(・(00)・)vに苦労を掛けずに逝けたことが一安心なのではないかしら?

まったりと思い出にふけってくださいな。

まだまだ暑い日が続くので、ご自愛ください。。。
2013年08月16日(Fri) 11:11
( ̄▽ ̄)vへ
編集
今日は、格別に暑かったでつ。
先週の今頃はまだ元気だったんだよなーってしみじみ思います。
だけど、それはすごく遠い昔のことのような気持ちもしてね。

来週から少しずつ現実を感じてくるのかもね。
( ̄▽ ̄)vも暑さに気をつけてね。お盆、今年も長男の嫁してたのかな?

2013年08月16日(Fri) 20:45
No title
編集
久しぶりに見にきたら びっくり!

ご愁傷様でした。
いくつになっても 母は母 悲しみをお察しします。

お疲れが出ませんように。
2013年08月20日(Tue) 08:15
おくやみ
編集
twitterでブログタイトルを見たんだけど、飛んで見に来ることができず、
実はブログのリンクもしていなくて、
気になっていながら、お悔やみが遅くなってしまいました。

暑い中、お忙しくて、大変だったでしょう。
しばらく、ゆっくりお過ごしくださいませ。
こんなとき、女兄弟がいるのはうらやましいです。
2013年08月21日(Wed) 13:19
しろまちゃんへ
編集
あまりに突然で、いまだに信じられない気持ちです。

疲れはないのですが、異常に眠いんです。現実逃避の現れですね。
2013年08月22日(Thu) 12:49
さちこさんへ
編集
有難うございます。
一連の行事は葬儀会社の言われるがまま、どんどん進んで無事終了です。
これから、遺品の整理が大変そう。
40年新潟を離れていた姉夫婦は、エイリアンのよう・・・(苦笑)
2013年08月22日(Thu) 12:52












非公開コメントにする