TOPひとりごと ≫ 四十九日を終えて

四十九日を終えて

母が亡くなって、昨日が四十九日でした。平日ですがその日に納骨も含めて法要を済ませました。

しかし、昨日の朝、姪っ子から早めに来て~!のSOSメールが届き、予定より早く実家へ行くと、喪主である義兄が体調悪く病院へ。姉も眩暈がして気持ちが悪いと横になっています。
当日なのにどーするってびっくりしたのですが、予定通りに事を済ませなくてはなりません。
開始時間には戻れるかなと思っていた義兄は、検査の為に入院、欠席となり、姉が薬で眩暈を押さえて、なんとか体面を保ちました。
もっとも参加メンバーは母の弟夫婦(私の叔父さん)、義兄の弟夫婦、私達夫婦、姉の娘たちと孫君だけですので、気楽。読経のあと料理屋さんのバスで霊園へ行き、納骨。そのあと食事会と続きましたが、なんとか無事に終了。
お天気にも助けられ、滞りなく終了しホッとしました。

実家へ戻って、すぐに姪は、父である義兄の為に入院の支度を整えて、病院へ。その手際の良さは、さすが看護師をして今も医療関係の仕事をしてるからか?と感心します。
夕方、姉を乗せて様子を見に病院へ行ってみると、意外と元気そうな義兄でした。普段と変わらないように見えます。むしろ姉の顔色の悪さをその病院の看護師さんが心配して、緊急外来の受信を勧めてくれました。
結果、そこで点滴を受けることが出来て、結果良しとなりました。
結局、葬儀から四十九日までの準備まで心労、気苦労が溜まり、疲れがピークになったようです。
長い一日でしたが、一夜明けて、今日です。

9-28.jpg
昨日壇に飾った仏花がこのバケツに2つ。姉も元気になったし、姪二人と私と、4人で生け花&アレンジフラワーをすることに・・・



姉が長いことお花をやっていたので、花器から剣山までたくさんあり、みんな思い思いにお花を入れ込みます。
9-28b_20130928212356e11.jpg

9-28a.jpg
なにしろお花は、ほとんど菊。百合とカーネション、スターチスが少し。
でも楽しかったです。玄関に順番に飾って記念撮影して、作品展ごっこしました。
姪っ子達も面白いから、今度新潟に来たときまたやりたいと言いだし、次は仏様用でないお花を仕入れて来ようなんて言っています。

あとは、義兄の検査結果が何事もなく、一日も早く家へ戻れますように・・・
通常が戻るまで、あと少し。とりあえず四十九日は終わったのでした。
Comments (0) Trackbacks (-) | ひとりごと

Comment













非公開コメントにする