TOPお出かけ ≫ 十日町

十日町

毎年訪問してる 「きものの街のキルト展」  へ今年も行ってきました。

例年、車で連れて行ってもらってるのですが、今年はまちばりのみんなとJRで行きました。
東京へ行くより時間がかかりました。新潟からは高速バスも午前の便はなく、本当に不便なところだったのです。

開催期間の初日9月20日(土)朝7:06の電車で出発、十日町駅には9:24着でした。
new_10.jpg
駅には、いつものようにキルトが下がっております。
街全体の商店にキルトが飾れているのですが、コンテスト会場の体育館を目指します。迷うことなく10分くらい歩くと到着。
オープン時間が10時なので少し待たなくちゃかなと思ったのですが、準備ができていたようで、すんなりと早めの入場ができました。
a_2014100300130712d.jpg

k_20141003001309c45.jpg
2点とも金賞作品です。下の方が和布部門の作品です。
ゆっくり見学したあと街中を歩いてランチの予約を入れておいた小嶋屋さんへ。
途中の商店街のキルトを楽しみながら、街並みも楽しみます。朝の出発が早かったのでランチの時間も早い時間にしました。
11時半に個室に案内され、予約しておいて良かった!とつくづく思いました。
全員に女将さんから和布のプレゼントもありました。キルト御膳の予約をするとお土産にくださるそうなんです。
個室なので、他のお客様の迷惑にもならず、賑やかな昼食会ができました。
h_201410030012217f0.jpg
今年から十日町市は、土日に無料シャトルバスを用意してくれてて、私達はそれを利用してクロステン道の駅まで行きました。
そこに飾られてる大きな吊るし雛が目的です。バスは私達10人の貸切でした。ん?私達が行かなかったらせっかくの企画バスが無駄だった?なんて思ったりして。帰りも貸切。まるでタクシーのように、駅前の商工会議所まで乗せていただきました。
そこは、朝の体育館でのチケットの半券で入れる展示会場で林アメリーさんの作品展が催されていました。
帰りの電車の時間までゆっくりと見学。
電車の旅、車に比べてとても不便でしたが、ちょっとしたローカルな旅で楽しかったです。越後川口から十日町までの飯山線の電車がなんとも素敵!1車両ほとんど貸切状態で、のんびりのどかな風景を眺めながらの旅でした。
今回利用のチケットは、えちごツーデイパス。日帰りなのですが、ワンデイのチケットだと十日町まで行けなくてツーデイを勧められました。2570円で二日間一定区間乗り放題のチケットです。お得感いっぱいでした。
最後に新潟駅で全員で夕食を食べて解散。お天気も良かったし、満足な秋の一日でした。

余談ですが、翌日の夜に気付いたこと。翌日、村上まで行ってくれば良かったぁと思ったこと。電車のチケット使えたのだから屏風祭りを見に行ってくれば良かったのに・・・・全くあとの祭りでした。
Comments (0) Trackbacks (-) | お出かけ

Comment













非公開コメントにする