TOPお出かけ ≫ 大人の休日その4

大人の休日その4

今日の新潟は穏やかな暖かい日でした。3月の陽気。万代橋を見ながら、久し振りのお友達4人でランチをしました。
青空が見える窓際の席、良かったです。

さて、関東への旅、4日目ですが、ドーム最終日の28日水曜日です。
お嫁ちゃんがお仕事お休みで、また駅まで送ってくれました。着替えなどの荷物もあとで出しておきますと引き受けてくれて、有難いことです。
この日は、ネットサークルSPOOLのオフ会でラクーアの和食屋さんが予約されていました。その時間に間に合うように出発。
午前中は、入場しないことにして、息子宅でゆっくりお嫁ちゃんとお茶してからの出発です。
水道橋に着いて、みんなにどこ?と聞いたら会場にいる人もいました。
でもみんな途中退場して出てきて一緒にランチ会場へ。エレベーターの前で、一緒になる人達もいて、殆ど同時にお店へ突入。掘り炬燵形式の個室が用意されていて総勢10名が一斉に話しても大丈夫。
水曜日だけレディースランチがありラッキー!
ミニ海鮮丼か天丼をチョイスするのですが、私は天丼。

これに、ドリンク付き。グレープフルーツジュースにしました。コーヒーは、3時の休憩でドーム内でが恒例なので。
10人も集まるのは久し振りで、楽しかったです。食後のお土産交換会がまた面白く、毎回可愛い手作りのものを用意してくれる人、手作りお菓子、パン、お花、地方の銘菓などなど。この一週間楽しませてもらっています。
もっと、もっとお話ししていたいのだけど、最終日、しっかり作品も見なくちゃと言うことで、2時頃には、ドーム入りしました。

先回、混雑で撮る気にもなれなかった百恵さんの作品もゆっくりと鑑賞できました。
トラディショナル部門で入選のお友達の作品の一部。優しい雰囲気のダブルウェディングでした。


ショップ巡りも前回とは雲泥の差でスイスイ。
結局、3時前に、ケーキタイムだよーと連絡が入り、会場内のUCCへ。毎年、ここでイタリアントマトのチョコレートケーキを食べるのがここ数年の習慣。
そ、〆って感じです。
その後、夕方まで見落としはないかとウロウロして、まだ明るいうちに会場を後にしました。

東京駅で6回目の指定券を取って、無事新潟行きの新幹線に乗りました。
この四日間無駄なく充実した旅をすることができました。
一緒に行った友人、ドームでお世話になった皆さん、お嫁ちゃん、みんな本当にありがとうごさいました。
気持ち良く送り出してくれた夫にも感謝です。

来年は、15回目、また行きたいです。そしてオフ会で盛り上がりたいですね。

帰って来た翌日は、



市の花育センター主催のお花の写真教室最終回でした。
一月中に3回のコースが設定され、それに参加していました。
新潟の女流写真家の鈴木孝江先生の講座でした。専門用語も分からないど素人の私でもとても理解できたことは、カメラの説明書をしっかり読んで理解すること。決してカメラは、悪くないんですと言うこと。
納得です。おかげで不思議なシャッターの切れ方をしてた我が家のミラーレスがまともになりました。
でも、難しいです。気持ちのいい写真は撮れるようになるのでしょうか。
デジタルなんだからとにかく撮ること。撮って消して、いくらでも出来るはずですと言うこと。これから春に向かってお花の写真たくさん撮りたいですね。

花育センターに届いていたビオラ。

そして、その翌日。急遽、Tジョイへ。
12月にペア入場券が当たっていて、一月中の平日に使えると言うことだったのです。もうこの30日が最終日で、夫に行こうと言うのに、見たいのがないと言うし、こう言うときは、同年代の友達が一番ですね。二つ返事で行くーー!でした。
で、見てきたのが、堤真一さん主演の神様は、バリにいる。なんと!最初2人だけか?と思いましたが、もう一人の方がみえて、結局3人だけの映写会。
朝、早かったです。8時40分からでしたから。行って良かった。とても笑えました。

その朝、仙台から切り落としを送った友人から電話があり、万代にいるなら帰りに寄ってとのことで、午後から切り落としの集金にそのお宅へ伺いました。数えると17年ぶりの訪問だったらしいです。
ふと、人の縁をいろいろ思いました。彼女にしても一度は諦めた牛タン切り落としが思いがけず私を通して手に入れることが出来て、願えば叶うを実感したとか。私にしてもそのお店を教えてもらってとても得した気分になれて家族にも喜ばれて良かった!と思ったし、人の縁がつなげた牛タン切り落としです。
お礼にと彼女は、熊本のお菓子を用意して待っててくれました。牛タンが食べられない私とすればエビで鯛を釣った気分。
ここで精算も終わり、楽しい旅の締め括りとなりました。
Comments (0) Trackbacks (-) | お出かけ

Comment













非公開コメントにする